【腹筋ローラー】ボディメーカー(BODYMAKER)のトレーニング方法

【腹筋ローラー】ボディメーカー(BODYMAKER)のトレーニング方法 腹筋ローラー

こんにちは!Yukiです!

ボディメーカーの腹筋ローラーでトレーニングしました。

先日、以下のツイートをしました。

ボディメーカー(BODYMAKER)の腹筋ローラーでトレーニングした感想。使い方が色々できてオススメ。筋トレ初心者が最初に行う『膝コロ』はもちろん、上級者が行う『立ちコロ』もできる。更に脚に装着して立ちコロを行うと、腹筋ローラーで鍛えづらい下腹部も刺激できる。万能タイプの腹筋ローラー。

上記を深堀りし、ボディメーカー(BODYMAKER)をレビューします。

本記事の内容

【無料】腹筋を確実に割る方法

シックスパック細マッチョが、初心者の方でも間違いなく腹筋を割るための資料を無料配布しています。特に、これまで成果が出ずに挫折を繰り返してきたあなたにオススメです。

【腹筋ローラー】ボディメーカーの特徴

まず、特徴について解説していきます。

特徴は大きく3つ。

  • ハンドル部分とペダル部分がある
  • タイヤが大きい
  • 二輪で安定している

ハンドル部分とペダル部分がある

ボディメーカーの腹筋ローラーの一番の特徴として、

  • ハンドルとペダルがあること

この2つがあることによって、トレーニングの幅が広がります。

ハンドルを握り、通常通りの使い方で前に転がすことはもちろん、ペダルに脚をかけて、下腹部を鍛えるエクササイズもできます。

ハンドルがソフトグリップになっていて、力をいれても手が痛くならないのもいいですよ。

タイヤが大きい

見た目通り、タイヤが大きいです。

タイヤが大きいので、

  • グリップ力(床とローラーが接地する状態)が高く、安定感があります

グリップ力が高いと、自由自在に自分が意図した方向にローラーを進めることが可能です。

真っ直ぐにも動かせますし、斜め方向にも簡単にいけます。

これを1つ持っておけば複数の動作ができますよ。

二輪で安定している

ボディメーカーの腹筋ローラーは二輪です。

  • 二輪は一輪と違い安定感があります

どちらにも良い点がありますが、二輪はなんといっても初心者にオススメです。

  • なぜなら、負荷が比較的小さく、挫折しにくいから

二輪は安定感があるので、狙った部位に刺激を与えやすいです。

変に他の部位に負荷が入りにくく、全体的な負荷が一輪と比べ小さいので挫折しにくいと言えます。

あまりにもきつすぎるとやめたくなりますので、筋力が少ないうちは二輪をオススメします。

継続してこそ、初めて身体が変化するんです。

【腹筋ローラー】ボディメーカーのメリットとデメリット

次にメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 初心者から上級者まで対応可

  • 脚のトレーニングができる

  • 見た目がごつい

デメリット

  • 持ち運びは難しい

メリット① 初心者から上級者まで対応可

これ1つ持っておけば、腹筋を割り、更にバキバキにしていくことが可能です。

後ほど詳しく解説しますが、

  • 初心者は膝コロ
  • 上級者は立ちコロ、脚につけて立ちコロ

を行うと良いです。

難易度別に負荷の調整ができますので、今の自分にあったトレーニングを行えます。

挫折することなく腹筋ローラーを続けられるのが良いですよ。

メリット② 脚のトレーニングができる

ボディメーカーの腹筋ローラーは、脚のトレーニングにも適しています。

普通の腹筋ローラーだと、脚を鍛えたい場合、立ちコロをしないといけないため初心者には難しいです。

それがこの腹筋ローラーを使うと、

  • 筋トレを始めたばかりの人でも、鍛えにくかった太ももに負荷をかけることができます

腹筋をつけて脚も鍛えたい、そんな欲張りなあなたにとてもいいですね。

メリット③ 見た目がごつい

シンプルにでかくて、ごついです。

それがトレーニングのモチベーションにつながりますよ。

  • 道具にこだわりを持つことで、熱量があがり、頑張る意欲がでます

腹筋ローラーを選ぶ際は、見た目も重要です。

デメリット① 持ち運びは難しい

強いて言うなら、デメリットは持ち運びが難しく、外出先でのトレーニングは難しいこと。

どうしても出先で使いたいときは、一度分解して持ち運び、再度組み立てるようにしましょう。

  • とはいえ、持ち運び用ではなく家用として使えばデメリットは完全に消えます

家用として使うのであれば、エクササイズの幅が広いのでトップクラスの評価になります。

脚まで鍛えられる腹筋ローラーはなかなかありませんよ。

【腹筋ローラー】ボディメーカーのトレーニング方法

ボディメーカーの腹筋ローラーを使用したトレーニング動画を撮影しました。

僕がオススメするトレーニング方法は3つです。

  1. 膝コロ

  2. 立ちコロ

  3. 脚につけて立ちコロ

膝コロ

筋トレ初心者は膝コロをしましょう。

グリップ部分を握って腹筋ローラーを前に転がして、引く動作をするだけです。

回数は10回を目安に頑張るといいですよ。

立ちコロ

膝コロがきつくなくなったら、立ちコロに挑戦しましょう。

膝コロの数十倍きついと思いますので、1回できたら最高です。

慣れてきたら、10回、20回と伸ばしていけばOK。

脚につけて立ちコロ

最後は脚につけて立ちコロをしてみましょう。

  • この動作は、ダントツで腹筋の下部に効きます

下腹をひっこめたい、腹筋のカットをさらに深めたい人に一度は挑戦していただきたい種目です。

新鮮な刺激を味わえますので、1回で腹筋が崩壊するかもしれません。

ケガに注意して頑張りましょう。

【腹筋ローラー】ボディメーカーの購入方法

最後に購入方法を解説します。

僕はAmazonでポチりました。一番安いので。

数量も少なくなっているので、早めの行動をしないと売り切れてしまい入荷待ちになる可能性が高いです。

この機会に、脚まで鍛えられる万能腹筋ローラーで自信がみなぎる身体を手に入れませんか。