腹筋ローラーで胸筋が痛いときに絶対やってはいけないこと

腹筋ローラーで胸筋が痛いときに絶対やってはいけないこと 腹筋ローラー
胸の痛みで悩んでいる人
「腹筋ローラーをしていると胸筋が痛いんだよね。どこかおかしいのかな。対処法があれば教えてください。」

こういう悩みを解決します。

本記事の内容

本記事の信頼性

  • 筆者は、腹筋ローラーを極め、バキバキの腹筋を手に入れた細マッチョ

【無料】腹筋を確実に割る方法

シックスパック細マッチョが、初心者の方でも間違いなく腹筋を割るための資料を無料配布しています。特に、これまで成果が出ずに挫折を繰り返してきたあなたにオススメです。

腹筋ローラーで胸筋が痛い理由3つ

先ほどのツイートの通りですが、腹筋ローラー(アブローラー)で胸が痛くなる理由は大きく3つです。

  1. フォームがおかしい
  2. 筋肉の使い方がわかっていない
  3. 太りぎみである

それぞれ詳しく解説します。

①フォームがおかしい

まず、大きな原因として、正しいフォームでトレーニングできていないことがあげられます。

腹筋ローラーの効果を最大限に発揮するには、

  • フォームが一番大切と言っても過言ではありません

なぜなら、筋肉への効き方が変わってくるため。

狙った部位に刺激を与えることができないと、腹筋を発達させるは難しいのです。

今回でいうと、胸に負荷がのっているため、腹筋ローラーの理想の形ではありません。

腹筋を割りたいなら、胸ではなく腹筋に効かせるフォームを習得しましょう。

腹筋ローラーの正しいやり方・使い方・フォームのまとめ【初心者・女性は必見】

腹筋ローラーの正しいやり方・使い方・フォームのまとめ【初心者・女性は必見】

②筋肉の使い方がわかっていない

また、腹筋ローラーをするときに、筋肉の使い方がわかっていないと胸が痛くなる可能性があります。

突然ですが、質問です。

  • 腹筋ローラー中に力をいれている筋肉はどこですか

ここで腹筋と答えるのであれば正しいのですが、その他の部位に力をいれているのであれば、使い方を見直す必要があります。

もし、胸に力が入っているのなら、主に胸の筋肉を使って腹筋ローラーをしていることになります。

その結果、腹筋ではなく胸筋が痛いということになるのです。

つまり、筋肉の使い方を意識することで、胸の痛みを解消できる可能性があると言えます。

③太りぎみである

そして、太りぎみの人が腹筋ローラーをすると胸筋が痛くなるかもしれません。

  • なぜなら、体重を全身の筋肉で支えないといけないため

具体的に言うと、腹筋を始め、胸、腕、肩の筋肉を使って、身体が床に倒れないように耐えるのです。

つまり、体重が重いほど、一つ一つの筋肉へかかる負荷が大きくなると言えます。

このとき、胸の筋肉が弱ければ胸に大きな負荷がかかるので、痛みが発生するというわけです。

なので、太りぎみの人は、食事管理をしてもう少し体重を落とすいいかもですね。

細マッチョの食事メニューと奥義を解説【コンビニ飯もある】

腹筋ローラーで胸筋が痛いときに絶対やってはいけないこと

次に、腹筋ローラーで胸筋が痛いときにやってはいけないことを紹介します。

改善方法もありますので、ぜひ参考にしてください。

胸が痛くなるポイントは5つあります。

  1. 腕を内側に寄せる
  2. 胸を張る
  3. 過度に胸に力を入れる
  4. グリップの内側を握る
  5. 体重を増やしすぎる

①腕を内側に寄せる

まず、腕を内側に寄せてしまうと胸が痛くなりやすいです。

なぜなら、胸の収縮が入るから。収縮とは、筋肉が縮まることを指します。

胸の収縮を感じる例えとして、一度、「前へならえ」の状態をつくってみてください。そして、両手をくっつけると胸が内側に寄せられ、力が入っているのが分かると思います。

腹筋ローラーでも同じ現象が起こっており、

  • 腕を内側に寄せると胸に刺激が入りやすくなるのです

なので、胸を痛めたくないなら、腕を近づけすぎないようにしましょう。

②胸を張る

腹筋ローラーを転がすときに、胸を張っていると痛くなりやすいです。

なぜなら、胸の筋肉がストレッチがしやすいから。

ストレッチとは、筋肉が伸びることを言います。これが筋肉の発達にとても有効なのです。

胸を張ることで筋肉に負荷がかかりやすくなり、

  • 結果として、胸の痛みが発生する可能性があります

なので、腹筋ローラーをするときは、できるだけ胸を張らないようにしましょう。

③過度に胸に力を入れる

胸が痛くなる理由でも解説しましたが、力の入れ具合を間違えると腹筋に効きづらくなります。

腹筋ローラーは不安定な軌道で行いますので、ついつい、胸などに力を入れてバランスをとろうとしてしまいます。これだと、腹筋ではなく胸を鍛えることになるのです。

腹筋ローラーで腹筋を発達させたいなら、腹筋に力を入れるようにしましょう。

④グリップの内側を握る

そして、グリップの内側を握ると胸が痛くなる可能性があります。

これも、胸の収縮が入りやすくなるからです。

ちょっとしたことかもしれませんが、少し工夫するだけで解消することもあるのです。

腹筋ローラーを転がすときは、一度手の位置を確認してみましょう。

⑤体重を増やしすぎる

また、体重を増やしすぎることもNGです。

  • 太ってしまうと腹筋ローラーをするのが難しくなり、胸への負担が大きくなります

筋肉を増やすために増量は大切ですが、腹筋ローラーを頑張りたい人は、ほどほどにすることをおすすめします。

胸の痛さに耐えて腹筋ローラーを続けよう

最後にお伝えすることとして、腹筋ローラーを続けて腹筋を割ろうということです。

普通にしてても胸筋が痛いことはある

ここまで、胸が痛いときの理由や改善法を解説しましたが、どんなに正しいフォームでしたとしても少し痛くなることはあります。

  • なぜなら、腹筋ローラーは自然と胸に刺激を入れる動作であるから

腹筋ローラーを両手でつかみ、押して引く動きになるので、胸への負荷は避けられません。

ここで大切なのは、腹筋にも効いているのかということ。

もし、胸と腹筋が筋肉痛になっているのなら、正しい方向性でいけてます。

ただし、胸だけが痛くなっているのであれば、今回紹介した方法で改善する必要があります。

通過点をすぎれば自然と腹筋は割れる

腹筋ローラーをしていると、たくさんの壁にぶち当たると思います。今回の胸筋が痛いということもそうでしょう。なかなか変化しない身体に、やる気を失って挫折するかもしれません。

私がお伝えしたいのは、

  • ときには休んでもいいから続けようということです

腹筋ローラーは、腹筋をバキバキにしてくれる最高の器具です。私自身もこれだけでシックスパックになれました。それくらいの効果があります。

つまり、続けていけば腹筋は割れるのです。

休みながら、通過点である壁を乗り越えて、あなたの理想の身体を手に入れましょう。

私も精進します。

腹筋ローラーの効果があらわれる期間【女性も同じです】