【これで解決】腹筋ローラーの呼吸法【動画あります】

腹筋ローラー
腹筋ローラーの呼吸法が知りたい人
「腹筋ローラーってきつすぎるわ。なんか全然呼吸できない。スムーズにできるような呼吸法を教えてください。

こういう悩みを解決します。

本記事の内容

本記事の信頼性

  • 筆者は腹筋ローラーを極め、バキバキの腹筋を持つ細マッチョ

【無料】腹筋を確実に割る方法

シックスパック細マッチョが、初心者の方でも間違いなく腹筋を割るための資料を無料配布しています。特に、これまで成果が出ずに挫折を繰り返してきたあなたにオススメです。

腹筋ローラーでの呼吸の重要性

まず、腹筋ローラー(アブローラー)をするとき、呼吸法はかなり重要です。

なぜなら、スムーズに腹筋ローラーを転がせるようになるから。

正しい息継ぎを学ぶことで、難易度の高いアブローラーをできるようになったり、腹筋にうまく効かせるようになれるのです。

トレーニングの安全性が上がる

また、腹筋ローラーの呼吸法は、安全性の確保にもつながります。

呼吸の仕方がうまくできると、

  • 急激な血圧上昇を防ぎ、酸欠状態にならずにすむのです

ダメな例として、動作を始める前に息を吸ってとめ、動作後に息をはく。

みたいな感じだと、

動作中に酸素が入ってこないので、酸欠になったり、脳の血圧がぶち上がります。

その結果、フラフラしてしてしまい、最悪の場合だと、血管がきれてぶっ倒れてしまいます。

この状態になると腹筋ローラーどころではないので、きちんと呼吸の仕方を身につけて安全にトレーニングする必要があるのです。

次の章では、アブローラーをするときの正しい呼吸法を解説します。

【これで解決】腹筋ローラーの呼吸法【動画あります】

腹筋ローラーの正しい呼吸法は次の通り。

  • 腹筋ローラーを押すとき→息を吸う
  • 腹筋ローラーを引くとき→息を吐く

こんな感じ。

フラフラしてしまう人はこれが逆になっていることが多いです。

動作中に正しい呼吸を意識をするのは、はじめは難しいかもしれません。ですが、慣れるといつもより多くの回数ができたり、フラつきもなくせますので絶対に身につけるべきです。

動画も撮影しましたので、あわせてご覧いただけると参考になると思います。

腹筋ローラーを押すときは息を吸う

アブローラーを押すときは、筋肉が伸びます。

この動作中に、鼻、口でゆっくり息を吸っていきます。伸びきったときに、息をマックスで吸いきった状態が理想形。

写真でみると、

この動作中に息を吸い、最後の状態で吸い切ってください。

最初は動作と呼吸が合わないかもですが、慣れてくるとスムーズにいけるようになります。

腹筋ローラーを引くときは息を吐く

アブローラーを引くときは、筋肉が縮みます。

吸い切った息を鼻や口でゆっくり吐いていきます。引ききったときに、息を吐ききった状態が理想形。

写真でみると、

引いているときに息を吐きながら、戻し終わりに息を吐き切ってください。

以上のような呼吸の仕方をすると、苦しくならずに腹筋ローラーをできると思うので、ぜひ取り入れてみてください。

また、腹筋ローラーの使い方については、【腹筋ローラーの極意】絶対に腹筋に効かせる使い方【シックスパックの僕が解説】で触れていますのであわせてどうぞ。

腹筋ローラーの呼吸法を制して腹筋を割ろう

最後に、腹筋ローラーの呼吸法を制して腹筋を割ろうという話をします。

続けると腹筋は自然と割れる

おそらく、ここまで記事を見てくださっている方は、腹筋を割るという大きな目標があると思います。

それを達成するためにアブローラーを頑張っていて、呼吸法を調べていたのではないでしょうか。

そんなあなたに伝えたいことがあります。

  • 本当に素晴らしいです

冗談ぬきに本心です。

なぜこう思ったのかというと、大半の人は壁にぶつかったら挫折していくからです。

普通の人は、途中で嫌になって勝手にやめていきます。それに対して、みなさんは呼吸の仕方がわからなくなっても、自力で調べて問題を解決しました。

この努力は決して裏切りません。そのまま継続してみましょう。

そうすれば、自然と腹筋は割れてきます。

いきなり劇的に変わることはないですが、

  • コツコツと3ヶ月以上継続していれば間違いなく身体は変化するのです

なので、今回マスターした呼吸法を持って腹筋ローラーを転がし続けましょう。

腹筋ローラーで腹筋を割る方法と期間については、腹筋ローラーだけで痩せる方法【腹筋を割る、唯一の筋トレ】腹筋ローラーの効果があらわれる期間【女性も同じです】で解説していますので、あわせてご覧ください。

タンパク質を積極的にとる

また、腹筋ローラーを頑張るとともに、タンパク質も積極的にとりましょう。

筋肉はタンパク質なので不足してしまうと、トレーニングの効果があまり発揮されません。

  • つまり、正しい呼吸法で腹筋ローラーをしても、なかなか腹筋が割れない可能性があるのです

筋トレを頑張っているけど、身体が変化しない人は、だいたい栄養が足りていない場合が多いです。

努力が水の泡になるのを防ぐためにも、タンパク質をしっかり摂りましょう。

おすすめの食事方法については下記で解説していますので、参考にしてください。

細マッチョの食事メニューと奥義を解説【コンビニ飯もある】

もし、忙しくて食べる暇がない人は、プロテインを活用しましょう。水に溶かすだけなので簡単にタンパク質を摂取できます。

細マッチョに「プロテインはいらない」は嘘

細マッチョに「プロテインはいらない」は嘘

心が折れそうならジムを利用する

腹筋ローラーをしていると、呼吸法にせよ、いろんな壁がでてきます。

自力で解決できるものもあれば、中にはできないものもあるでしょう。困難に直面したらどうすればいいか分からなくなり、挫折しそうになるかもしれません。

  • もし、心が折れそうになったら、ジムを利用することをおすすめします

なぜなら、トレーナーに悩みを相談できて、短時間で疑問を解消できるから。

気持ちがスッキリしますので、モチベーションも維持しやすいも大きなメリットです。

身体は続けないことには変わりませんので、心が折れそうになったらジムにいきましょう。

細マッチョの僕がおすすめパーソナルジム3つを比較

まとめ

本記事のまとめです。

  • 腹筋ローラーでの呼吸の重要性
  • スムーズに腹筋ローラーを転がせるようになる
    トレーニングの安全性が上がる
  • 腹筋ローラーの呼吸法
  • 腹筋ローラーを押すとき→息を吸う
    腹筋ローラーを引くとき→息を吐く
  • 腹筋ローラーの呼吸法を制して腹筋を割ろう
  • タンパク質を摂取しながら3ヶ月以上続ける
    心が折れそうならジムに行く

今回は、アブローラーの正しい呼吸法を解説しました。

スムーズに呼吸ができるようになり、前より回数をこなせると思います。

タンパク質をとりつつ、継続していきましょう。

以上です。

【プロテイン】おすすめ最強ランキング【細マッチョの僕が厳選】

【プロテイン】おすすめ最強ランキング【細マッチョの僕が厳選】