【腹筋ローラー】一日おきにしてはいけない理由

【腹筋ローラー】一日おきにしてはいけない理由 腹筋ローラー

腹筋ローラーを一日おきにすべきか迷っている人

「腹筋ローラーって一日おきにすべきかどうか分からん。腹筋を割りたいならどれくらいのペースで行えばいいんだろ。理由とか目安となる回数も知りたいな。」

こういう悩みを解決します。

本記事の内容

なお、効率を重視する方は、腹筋ローラーに【Body Pro Style(ボディプロスタイル)】を併用しましょう。

公式のお試しモニターコースでは、スポーツを頑張る方にも使用されているHMBに、

  • 高機能のEMSが無料

でついてきます。

価格は、3回分で12,460円(税別)です。

ちょっと考えてしまう値段かもですが、まとめて購入するとEMSもついてきますし、モチベーションにもなります。

また、

  • 90日返金保証制度

もありますので、何かあっても大丈夫です。

筋肉がついた身体を目指したい方は、【Body Pro Style(ボディプロスタイル)】と腹筋ローラーを頑張りましょう。

【腹筋ローラー】一日おきにしてはいけない理由

初めに言っておきますが、腹筋ローラー(アブローラー)は一日おきにしてはいけないです。

その理由は、2つあります。

  • すぐサボる

  • 腹筋は一日で回復する

腹筋ローラーを一日おきにしたらすぐサボる

断言します。腹筋ローラーを一日おきにしたらすぐサボります。

なぜなら、習慣化になっていないから。

例えば、次のような経験をしたことはありませんか。

  • いつも仕事を頑張っているから、休みの日はゴロゴロしたい

  • 昨日筋トレ頑張ったから、今日はしなくていいや

  • 部屋を掃除しないといけないけど、やる気が出ない

おそらく、ほぼ全員が当てはまっていることでしょう。

ここから言えることは、頑張ろうとするけど、なぜかやる気が出ない現象があるというわけです。

つまり、人の心には楽をしたいという気持ちがあると言えます。

ではサボらないようにするためにどうすればいいか。

  • 毎日物事を継続すること

これに尽きます。

歯磨きを意識しないでできるように、腹筋ローラーを毎日行えば習慣化できます。

そうすれば、あなたの腹筋が割れるのも近いです。

腹筋は一日で回復する

一日おきにしてはいけない理由の2つめは、腹筋は一日で回復するためです。

筋肉の発達の段階として、

  1. 筋肉が傷つく

  2. 筋肉が回復する

  3. 筋肉が発達する

3段階あって、腕、肩などの部位は2日以上回復にかかりますが、腹筋は基本的に1日で回復します。

なので、少しでも鍛える機会を増やすために、一日おきではなく毎日すべきだと考えています。

その方が発達が早いです。

【腹筋ローラー】一日おきでいい場合【例外】

腹筋ローラー(エクササイズローラー)を一日おきにして良い場合が、一つだけあります。

それは、筋肉痛がひどい時です。

筋肉痛がひどい場合は、休んで回復に専念することが大切です。

痛みがあるときは、

  • トレーニング→触っても痛みがなくなるまで回復させる→トレーニング

上記のサイクルで、頑張ってみましょう。

大抵の痛みも一日多くあければ回復するので、少なくとも一日おきでトレーニングできると思います。

腹筋ローラーと筋肉痛の関係をもっと詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてください。

腹筋ローラーで筋肉痛がやばいときの対処法まとめ

腹筋ローラーで筋肉痛がやばいときの対処法まとめ【部位別に発表】

一日おきにする注意点として、

  • 休んでいる間も腹筋ローラーのことを考え触れることが大切です

腹筋ローラーに関心を持ち続けると、腹筋ローラーに対する興味を失うことはありません。仮にトレーニングが一日おきになっても継続、習慣化できます。

そうすれば、腹筋ローラーが部屋のオブジェになることを防げます。

腹筋を割りたいなら腹筋ローラーを毎日限界までする

目的が腹筋を割ることなら、腹筋ローラーは毎日限界まですることをオススメします。

なぜなら、僕自身、毎日限界まで腹筋ローラーをしてシックスパックになったから。

初心者〜上級者の限界の基準は次の通り。

  • 初心者→膝コロ連続100回

  • 上級者→立ちコロ10回

順番に解説します。

初心者は膝コロ連続100回をする

初心者は、膝コロ連続100回すれば、間違いなく限界がきます。

トレーニングの方法を動画にしました。

連続して行うと、継続して腹筋や腕に負荷をかけることができるのが良いです。

トレーニングを終えたころには、腹筋がパンパンになって限界がきます。

これを毎日行うことで、筋肉が発達して腹筋が割れるのです。

目標を100回にして、限界がきたらストップして、次のトレーニングに備えましょう。

100回するメリットについて、もっと詳しく知りたい人は、下記も一緒にどうぞ。

腹筋ローラーを100回したら実際どうなるのか知りたいですか?

上級者は立ちコロ10回をする

上級者は、立ちコロを10回行ってみましょう。

膝コロとは違う刺激を味わうことができます。

画像で見ると、

こんな感じ。

ポイントは、

  • 腕をしっかり伸ばす

  • 床と身体が平行になるようにする

  • 手に力を入れすぎない

よく腕が伸びきってない立ちコロをする人がいますが、腹筋への負荷が小さくなりますので、あまり良くないです。

限界を迎えたい人は、腕を伸ばす意識を常に持って床と身体を平行にしてください。

この立ちコロを行えば、上級者でも10回で限界になるでしょう。

継続すれば、バキバキは確定されたのも同然です。

まとめ

最後にまとめです。

  • 【腹筋ローラー】一日おきにしてはいけない理由
  • すぐサボる
    腹筋は一日で回復する
  • 【腹筋ローラー】一日おきでいい場合【例外】
  • 筋肉痛がひどい時
  • 腹筋を割りたいなら腹筋ローラーを毎日限界までする
  • 初心者は膝コロ連続100回する
    上級者は立ちコロ10回する

今回は腹筋ローラーを一日おきでしていけない理由について解説しました。

腹筋ローラーを一日おきにすると、すぐサボってしまいます。

頑張る意欲を保つためにも、毎日行いましょう。頑張ることをモチベーションにできれば、無敵状態になって継続できます。

そうなればいつの間にか習慣化しているので、息をするように腹筋ローラーをできるようになります。

気が付いたら腹筋が割れていた状態を目指し、今日から腹筋ローラーを転がしましょう。

僕も負けないように腹筋ローラーをやり込みます。

以上です。

腹筋ローラーを3年続けたことによる身体の変化もあわせてご覧ください。

腹筋ローラーをして3年経過したので報告します【割れまくり注意】

細マッチョの僕がおすすめパーソナルジム3つを比較

【プロテイン】おすすめ最強ランキング【細マッチョの僕が厳選】

【プロテイン】おすすめ最強ランキング【細マッチョの僕が厳選】